家族それぞれの乳酸菌

40代にとっての乳酸菌

そろそろ若くないな…なんて思い始めるのが、40代です。30代までは何となくキープできていた体型や、お肌の調子、そして毎日の健康も、40代になると不安を感じ始める人が一気に増えます。でもまだまだ忙しい時期です。40代になってからが働き盛りなどといわれています。女性も今は働く人が増えていますし、子育てをしている人にとっても、子供の世話なので忙しい年代ですね。

 

では40代にとっての乳酸菌はどのような役割をしてくれるのでしょうか。

 

大人の肌荒れは早めの対策

本格的にお肌の不調を感じ始める40代は、どうケアしていくかが大事です。特に、40代になると乾燥に悩まされる人が増えます。今まで脂性肌で皮脂に悩んでいた人も、知らない間に粉を吹くぐらい乾燥する…なんて肌に変わることが多いです。また、大人の肌荒れに多いのが吹き出物です。身体の内側から老廃物が排出しようと頑張った結果、吹き出物となって現れてしまうのです。

 

こうした肌荒れの悩みは、放っておいて何とかなる、というものではありません。まず考えるのはスキンケアの改善ですね。今まで使っていたものでは物足りなくなり、スキンケア用品を変えるいい時期です。でも、スキンケア用品だけではなく、腸内環境も同時に見直してみましょう。腸内環境が悪いと、老廃物が排出しようと頑張って吹き出物になります。老廃物をしっかりと便で排出できていれば、吹き出物はかなり軽減されると思います。

 

何となく感じる不調は腸を強くして解消

腸が弱いか強いか、自分の腸について考えたことはあるでしょうか?腸が弱っていると、ちょっとしたことをきっかけに体調を崩しやすくなります。40代は特にストレスとも戦っている人が多いですし、毎日忙しいので免疫力が低下しがちです。身体が本来持っている免疫力を低下させてしまうと、風邪や病気にかかりやすいでしょう。また、若いころの生活習慣も40代ごろになると、不調の原因となってしまいます。

 

乳酸菌で腸を強くすると、免疫力がアップしていきます。免疫力がアップすることで、身体はちょっとしたことで風邪や病気をしなくなります。いつまでも健康でいるために、不調を少しでも感じたら腸を強くする、という方法で健康維持を心掛けましょう。

 

乳酸菌は腸に届くと善玉菌となる、腸の調子を整えてくれます。腸が強くなると身体も強くなります。そして免疫力をアップさせるので、何となく感じていた不調の改善に役立ってくれます。